襖(ふすま)張替え 仙台市泉区南光台の工房にて

2019/08/15 ブログ

こんにちは!

仙台の襖(ふすま)張替え

張替本舗金沢屋仙台北店です。

 

本日は雨の予報でしたが仙台は晴れていて強い日差しが(--;)

しかし湿気があるので汗が止まりませんね💦

 

九州のほうでは台風が心配されますが大丈夫でしょうか、、?

 

 

さて、

本日は、ただいまお預かりしている襖(ふすま)の張替えです。

 

今回のふすまは、本襖。

ふすまには、本襖、戸襖、源氏襖、ダン襖など、

いろいろ種類があります。

 

本襖は、障子のように桟で構成されており!

そこに何層にも紙を張り重ねて作られる襖です。

 

昔から襖と言えばこれが多いですね。

この本襖は、まず枠を外してから張替えになります。

このようにまず枠を外します。

 

今回張り替える紙は、

当店1番人気の中級織物

近江シリーズ。

 

きめ細かい織物襖紙で、丈夫で上品な雰囲気のオススメ襖紙です。

 

ちなみに、私の自宅の襖もこの近江を張っています。

デザインが豊富で、見ていて飽きません。

 

金沢屋では、

ベテランの職人が、

仙台をはじめ富谷、大和町、黒川郡、お電話頂ければどこでもお伺いし、

お見積り致します。

その際、襖や障子、網戸、クロスの見本帳を持参しますので、

お客様のご希望をお伺いしながら一緒に考えます!

 

お気軽にお問い合わせください♪