本日は「畳の日」

2019/09/24 ブログ

こんばんは。

金沢屋仙台北店です。

 

本日9月24日は

「畳の日」として制定されております。

 

そんな本日は、仙台市泉区のお客様の

畳表替え、ふすま張替えでした。

 

8畳と6畳2間の計20畳に

ふすまが24枚ございました。

綺麗になったお部屋にお客様も喜んでくださいました。

 

今回の畳は、

熊本県八代産の天然上級い草。

綺麗な色と香り、そして丈夫さが特徴の上級品です。

当店の1番人気の畳表です。

 

そしてふすまは、

これも同じく当店の1番人気、

上品な雰囲気で消臭抗菌効果に優れた

織物襖紙です。

皆様ご存知ない方が多いのですが、

畳、ふすま、障子にはお部屋の空気を浄化して綺麗に保つ空調効果があります。

 

畳とふすまは家族のようなもの。

畳が古く傷んでいると、ふすまや障子も芋づる式に同じく傷んでいきます。

それぞれが部屋の湿気や不純物を濾過循環させることで、

部屋の綺麗な空気が維持されるのです。

 

まだ空気清浄機がなかった時代、

奈良時代から現代まで和室が継承されているのには、

日本の気候に適した素晴らしい空調効果があるからなのです。

 

和室が減少傾向にある現代では、畳をフローリングに変えて洋室にしたいというお客様も多くおられます。

もちろん、リフォームの専門家としてフローリングも喜んでお請け致します。

 

しかし、折角の和室ですから、

正しくお使い頂ければこんなに素晴らしい空間は他にないと私は思います。

 

畳、ふすま、障子、

日本の誇る文化を守っていきたいものです。

 

「畳の日」ということで、

本日は畳のお話をさせて頂きました。

明日も仙台市泉区のお客様の畳替えとふすま張替えです。

 

秋に入り、例年多くの依頼を頂く季節に入りました。

 

作業は順番に行いますので、

お見積もりはお早めにお願いします。

 

お問い合わせは、

当ホームページ、もしくはお電話でお願いします。